2017年のTHE OPEN(全英オープンゴルフ)は、リバプール郊外のRoyal Birkdale Golf Clubで開催されます。

毎年世界中のゴルフファンが最も注目する大会といっても過言でないのがTHE OPEN。

今年の大会は7月20日から始まるのに、既に会場の設営はだいぶ進んでいます。


数分の間で雲の色がこれだけ変わる、これもイングランド北西部ならでは。。。


それにしてもハイキングコースにしか見えない。一体どこに向かって打てばいいのやら。

ここに来た目的はズバリ、お土産を買うためです!名門ゴルフコースのグッズはいつも喜ばれますが、THE OPENの記念グッズは特に喜ばれます。今年は比較的家から近いコースが会場になるので、行ってきました^_^

泣く子も黙る名門ROYAL BIRKDALE、煉瓦造りの厳かな建物にたたずむクラブハウスを想像していたら、病院みたいな建物でまずは肩透かし。やるなぁ、バークデイル。


入り口もこんな感じで通り過ぎそうになるし。


クラブハウスまでの通りはこんな感じだし。

でも、クラブハウス内にあるプロショップは実に充実していました。新作含め商品は豊富に揃ってるし、THE OPENのグッズもてんこ盛りです。

スタッフの方も優しくて凄く親切。グズる娘をカートに乗せてくれたり、商品選びの相談にのってくれたり、決して敷居は高くないのでオススメです。

Royal Birkdale ゴルフショップ

日本の家族やお友達のために結構買いました。皆喜んでくれるといいなあ。

イギリスのこういった名門リンクスコースは、お金をだせば誰でもメンバーになれるというものではないそうです。非常にプライベートな空間で、家族代々メンバーであるとか、何となく謎めいた選考基準がありそうなのも、イギリスらしいですね。今は何でもオープンなほうが良しとされる時代。私はこういった、ちょっと閉ざされたプライベートな空間は、イギリスらしく優雅で素敵だと思います。こういう空間や時間は大切にしていきたいですね。

因みに、フルメンバー(地元の人?)は約550名だそうです。それ以外にロンドンなど遠隔地にいるメンバーが何名だかいるそうです。

メンバーしか絶対に入れないエリアに入れて頂きました。 (トイレを借りた時に勝手に写真を撮ったという話もあり)^_^


Royal Birkdale

THE OPEN

松山英樹

広告